データ駆動型医学研究のためのデータ標準化・品質管理ノススメ-MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のためのデータ標準化の普及に関する研究から-


発行:印刷版2020/9/25

著者:中島直樹、山下貴範

ページ数:240ページ

価格:印刷版4,000円(税抜)


<印刷書籍>
Amazon書籍ページ(印刷書籍)はこちら
三省堂書籍ページ(印刷書籍)はこちら
楽天書籍ページ(印刷書籍)はこちら


<電子書籍>
Amazon書籍ページ(電子書籍)はこちら
楽天Koboストア書籍ページ(電子書籍)はこちら
ebookjapan書籍ページ(電子書籍)はこちら
BookLive!書籍ページ(電子書籍)はこちら


書籍の内容

本資料はMID-NET協力医療機関の協力の下、平成26年度、厚生労働科研「MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のための薬剤疫学研究等の実践的な分析手法及び教育に関する研究」(研究代表者、中島直樹)、平成 27 年度、AMED事業に移行した同研究課題、平成28年度~30年度、AMED医薬品等規制調和・評価研究事業「MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のためのデータ標準化の普及に関する研究」(研究代表者、中島直樹)で得られた研究成果をまとめたものです。

平成26年度に初版、27年度に2版を編集し、30年度に3版としてまとめ、さらに令和元年度には総合的な再編集が行われました。

今後、MID-NET事業が拡大発展する際にも、MID-NET型システムが新規に構築される際にも、広く教育・研修に活用でき、短時間での知識習得を可能とすることが期待されています。

(はじめにより)


■主な内容

・MID-NET事業について(総論)

・MID-NET事業の導入・運営に必要となるもの

・MID-NET運用及び管理に関する手順

・コーディングとマッピングの概要及び課題

・SS-MIX2標準化ストレージと、その他のデータ源

・データ出力と統合データソースへの取込み

・データ品質管理活動

・医療情報の標準化に向けての課題とその手順

・医薬品の有効性・安全性評価や薬剤疫学等の解析手法

・MID-NET 協力機関における個人情報保護法及び医学系研究倫理指針への対応

・「MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のための協力医療機関情報共有研修会の開催」と課題収集

・リアルタイムバリデーション手法の構築

・今後の発展と留意点

・参考資料

グーテンブック(good.book) | 紙と電子の出版サービス

グーテンブック(good.book)は次世代の出版スタイルを作ります。半自動書籍化システム&デジタル流通が「これまでになかったコンテンツ」を世の中にお届けします!