『なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる 育休の取り方・過ごし方・戻り方ー』

発行:2021/4/30

著者:成川 献太・パパ育休2.0プロジェクトメンバー

ページ数:174ページ

価格:印刷版1,430円(税込)、電子版1,100円(税込)


販売ストア

Amazon書籍ページ(印刷書籍)はこちら

Amazon書籍ページ(電子書籍)はこちら

楽天ブックス書籍ページ(印刷書籍)はこちら

楽天Kobo電子書籍ストア書籍ページ(電子書籍)はこちら

紀伊國屋書店Webストア書籍ページ(電子書籍)はこちら

Google Play書籍ページ(電子書籍)はこちら

ebookjapan書籍ページ(電子書籍)はこちら

BookLive!書籍ページ(電子書籍)はこちら


書籍の内容

■人生が変わる、幸せな育休とは■

想像してみてください。

あなたはこれから第1子を迎える、もしくは既に子どもがいるパパで、会社に育休(育児休業・育児休暇)を申請しようとしています。

「え、育休? パパが育休を取って何をするの?」

上司からこのような質問をされたら、あなたはなんと答えますか?

もしかすると「パパなのに育休?」と怪訝な顔をされるかもしれません。

日本ではまだ数パーセントしかいない、男性の育休取得者。

でも、いま確実に育休をとる男性が増えています。なぜでしょうか?


・パパ育休って、ぶっちゃけどうなの?

・パパは育休中になにをしていたの?

・育休パパに対する周りの反応は?

・育休を取るパパって、特別な人?

・パパがワンオペ育児をするとどうなるの?

・パパの育休で家族、職場への影響は?


いまだ謎に包まれた「男性育休のリアル」に本書では正面から向き合いました。

15人のパパ・ママが、育休の取得前から育休中・復帰後に感じたこと、何に悩みどのように解決していったのか。家族構成も職業や立場もさまざまなパパ・ママのストーリーが、この1冊に詰まっています。


■育休を考えるすべてのパパを、全力で応援します!■

男性の育児休業取得促進が求められている昨今。

しかし実際にはタイトル「なぜパパは10日間の育休が取れないのか?」にあるように多くの課題があります。

そもそも育休という選択肢がないパパも大勢います。

パパが育休を取るということは、パパだけで完結する話ではありません。

育休を考えているすべてのパパ、そしてママ・子ども・同僚・上司。

パパと関わるすべての人たちにとって幸せになる「パパ育休」とはなんなのか。

家族で、会社で考えるきっかけに、本書をぜひご活用ください。


<<目次>>

第1章 意外と知られていないパパ育休のリアル

第2章 パパ育休シェア「育休前~育休取得を決めるまで」

第3章 パパ育休シェア「取得してからが本番でした! 育休中のリアル」

第4章 パパ育休シェア「育休を取った後、どうするか」

第5章 パパ育休をアップデート!


<<著者紹介>>

・成川 献太

3児の父。クアラルンプール日本人学校(マレーシア)で中学校教員、カンボジアのベンチャー企業を経て、広島県の小学校教員。3人目のときに1年間の育休を取得。

・パパ育休2.0プロジェクトメンバー

年齢、家族構成、職業、職場での立場等、さまざまなパパ・ママ15名が活動


グーテンブック(good.book) | 紙と電子の出版サービス

グーテンブック(good.book)は次世代の出版スタイルを作ります。半自動書籍化システム&デジタル流通が「これまでになかったコンテンツ」を世の中にお届けします!