1時間でわかる 再入門!これからのビットコイン ~市場、ゲーム、NFT、SDGs。国内外のトレンドと可能性をかんたん解説〜

発行日:2022/02/25
著者:小田 玄紀
価格:電子書籍版 660円(税込)/印刷書籍版 1,342円(税込)
ページ数:174ページ
ISBN:978-4-909288-77-6

販売サイト

Amazon書籍ページ(印刷書籍)はこちら
Amazon Kindle書籍ページ(電子書籍)はこちら
楽天Kobo書籍ページ(電子書籍)はこちら
紀伊國屋書店Webストア書籍ページ(電子書籍)はこちら
Apple Books書籍ページ(電子書籍)はこちら
ブックライブ書籍ページ(電子書籍)はこちら
ebookjapan書籍ページ(電子書籍)はこちら

※このほか各ストアでの準備が整い次第、販売を開始いたします。


書籍内容

・ビットコインにはこれまでにどんな出来事があったか
・海外で広がるビットコイン決済
・ブロックチェーンを活用したクリプトゲーム
・NFT(Non-Fungible Token/エヌエフティー)とは
・SDGsへの取り組み
・今からでもリターンは期待できるか

「ビットコイン」「暗号資産」の今まで・現在・未来を、図解付きでわかりやすくまとめました。

なぜ、ビットコインが話題になっている?
私たちの生活と関係はある?
やっぱり危なくない?
最近のトレンド、今後の可能性は?
はじめての方が気になるコトをしっかりカバーしています。

■こんな方におすすめです
・ビットコインのことが気になっているけれど、よくわからない人
・暗号資産という言葉を耳にするけれど、なんか怖い・怪しそうと感じている人
・ビットコインを使いこなすことでお得な経験をしたい人
・今さらビットコインに投資するのに意味があるのか迷っている人
・ビットコイン以外の暗号資産にも興味があるけれど、まずは基本をつかんでおきたい人

目次

第1章:ビットコイン(暗号資産)のこれまで~人々はなぜ熱狂したのか~
・ビットコインはどう生まれたか
・ビットコインにはこれまでにどんな出来事があったか  他

第2章:暗号資産の活用状況~知らない間に進化する暗号資産~
・海外で広がるビットコイン決済
・ブロックチェーンを企業が取り入れている
・ブロックチェーンを活用したクリプトゲーム  他

第3章:暗号資産と経済、規則
・NFT(Non-Fungible Token/エヌエフティー)とは
・暗号資産をめぐる法整備や規制  他

第4章:暗号資産と環境、暗号資産とSDGs
・暗号資産は環境に悪いのか
・SDGsへの取り組み  他

第5章:今からでもビットコインに投資、はアリか
・今からでもリターンは期待できるか
・どんな投資をするといいか  他


著者紹介

小田 玄紀
株式会社ビットポイントジャパン ファウンダー。
1980年生。東京大学法学部卒業。大学在籍時に起業し、後に事業を売却した資金を元にマッキンゼー出身者らと共に投資活動を始める。
「頑張る人が報われる」をコンセプトにして起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。株式、FX、債券などの投資にも精通し、仮想通貨取引にも携わる。2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ、同社代表取締役に就任する。2018年紫綬褒章を受章。2019年世界経済フォーラムよりYoung Global Leadersに選ばれる。


【株式会社ビットポイントジャパン】 https://www.bitpoint.co.jp/
株式会社ビットポイントジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:田代 卓)は、東証二部上場の株式会社リミックスポイントの孫会社の暗号資産取引所。スマホやパソコンから簡単に暗号資産の売買ができる取引ツール「BITPOINT」「BITPOINT PRO」を提供。新規暗号資産の取扱いに注力し、直近DEP、 JMY(ジャスミー)、ADA、TRXを日本初で取扱いしています。

グーテンブック(good.book) | 紙と電子の出版サービス

グーテンブック(good.book)は次世代の出版スタイルを作ります。半自動書籍化システム&デジタル流通が「これまでになかったコンテンツ」を世の中にお届けします!